トラベル

2018.10.07

マニラ空港から市内へオススメの安全な移動方法

首都マニラのニノイ・アキノ国際空港(マニラ国際空港)はフィリピンの玄関として、また大変評判の悪い空港としてよく知られています。

 

「マニラ空港からどうやって市内のホテルに行けばいいのか分からない」

「ボッタクリや変なトラブルは絶対避けたい!」

 

マニラ空港から市内までの安全な移動は、初めてマニラを訪れる方や英語がまだ流暢ではない方にとって結構悩むポイントかもしれません。

 

空港から市内までの移動はフィリピン滞在の重要なスタートポイントです。

しょっぱなでトラブルに巻き込まれると後のフィリピン滞在が台無しになってしまいます。

今回は出来るだけ安全にマニラ国際空港から市内への移動方法をお伝えします。

 

まずはマニラ空港について

 

ニノイ・アキノ国際空港(マニラ国際空港)はターミナル1から4まであり、利用する航空会社や国際線・国内線によって利用するターミナルが異なります。

マニラ空港のターミナルは付け足しで次々と拡張されて出来ており、正直うまく連結されていません。さらに各ターミナルが離れているのでターミナル間の移動が非常に面倒です。

 

空港から市内へのアクセスもとても分かりづらくなっています。原因として空港までの公共交通機関(電車など)が未だに整備されておらず、空港と市内を結ぶ安全で効率の良い交通手段がまだ確立されていません。

尚且つ現在メインの交通手段のタクシーが旅行者を見ると堂々とボッタクる」と言うありえない悪循環が起こっています。

マニラ空港は「とにかくは分かりにくい!」ので各ターミナルを簡単に説明します。

※ちなみに日本からの国際線はターミナル1から3のいずれかに到着します。

 

ターミナル1

国際線

JAL, Philippine Airlines, JETSTAR, China Airlinesなど

 

ターミナル2

国際線・国内線

PAL Express, Philippine Airlines, ANAなど

 

ターミナル3

国際線・国内線

PAL Express, Cebu Pacific Air, ANA, KLM Royal Dutch Airlines, Delta Air Lines, Emirates Airline, Cathay Pacific Airways and Singapore Airlines flightsなど

 

ターミナル4

国内線専用

Cebgo, Skyjet, AirSWIFT など

 

ターミナル間の移動

 

日本からマニラ経由でセブやその他の地域の便に乗り換える際はターミナル間の移動が必要な場合があります。

ターミナル間の移動は無料の空港のTerminal Transferバスか有料タクシーでの移動となります。

タクシーよりも安く、時間も短いTerminal Transferバスの利用をお勧めします。

 

 

空港内の案内版に「Terminal Transfer」の表示があるのでこれを目印に乗り場まで行きましょう。

 

営業時間:24時間運行

料金:航空券があれば無料。無ければ20ペソ

乗車時刻:11PM – 5AM:50分間隔、5AM – 11PM:30分間隔

 

移動時間の目安は1つのターミナル間の移動で約20~30分かかります。

乗り換えの際はチェックインなどにさらに時間がかかるので必ず余裕を持って行動(搭乗時間の3時間前)できるように計画を立てましょう。

 

空港から市内までの主な交通手段

 

『マニラ空港からの主な交通手段はタクシー・バスの二択です!』

 

いろんな種類のタクシー・バスがある為、とても分かりにくい状況になっています。

それぞれの移動手段についてターミナル3の状況を元に説明します。

 

レギュラータクシー

 

 

レギュラータクシーは街で見かける普通の白タクです。

 

 

ターミナル3は「BAY12」のイエロータクシー乗り場の前の道路を渡った所に乗り場があります。

 

 

時間帯によってはこの様に長蛇の列ができ、乗車までかなり待つことになります。

 

初乗り料金40ペソ。300メーター毎に3.5ペソ加算

 

イエロータクシー

 

 

イエロータクシーは空港から正式に許可されたタクシーです。

ターミナル3の乗り場は「BAY12」です。

 

 

レギュラータクシーに比べればそんなに混んでいませんね。

 

初乗り料金70ペソ。300メーター毎に4ペソ加算

値段はレギュラータクシーに比べて高めですが、待ち時間が少ないのですぐに乗れます。

 

両タクシーの料金・所要時間の目安

 

・パサイ方面 250ペソ~350ペソ/15~20分

・エルミタ、マラテ方面 300ペソ~400ペソ/20~30分

・マカティ方面 300ペソ~400ペソ/20~30分

 

※イエロータクシーの料金はこの目安の約2〜4割増

※マニラは渋滞が多いので交通状況により所用時間や料金は大きく変動する場合があります。

 

レギュラー・イエロータクシーの注意点

 

 icon-check  メーターを改造している(値段が上がるペースがメチャ速)

 icon-check  メーターを使わない。言い値で交渉してくる

 icon-check  最短の道を使わない(わざと大回りをする)

 

マニラ空港にいるタクシーは悪質なドライバー多く、旅行者だとわかるとでたらめな値段を吹っ掛けてきたり、メーターを使わない、メーターを改造して割増の料金を請求するなど悪質なドライバーが多くいます。

 

 

そういった不正を防止する為にタクシー乗車前に乗り場スタッフからドライバーの情報が記載されたチケットをもらえます。

もし何かトラブルがあった場合はチケットに記載されている電話番号に問い合わせて、タクシーの番号、状況等を報告しましょう。そのクレームを受けたドライバーは空港で営業できなくなります。

残念なことに、それでも旅行者は何もしないだろうと読んでボッタクるドライバーが後を絶ちません。

 

クーポンタクシー

 

前払いの支払いなのでぼられる心配がありません。しかし、料金は白タクの約2~3倍!

Grabの普及でマニラ空港でもGrab乗り場があるのでクーポンタクシーの利用価値はほとんどないように思われます。

 

GRAB

 

Grabを利用すれば乗車前にあらかじめ値段が決まっているGrab Car、またはきちんとメーターで目的地までいけるGrab Taxiを選べます。どちらも審査を通ったタクシーだけが登録できるのでボラれる心配がありません。

 

 

マニラ空港到着後、Grabアプリが使えなくても大丈夫!

空港にはGrab専用のカウンターがあります。

 

 

カウンターのスタッフに目的地を伝えると、名前と電話番号を聞かれます。電話番号は日本の電話番号でも大丈夫です。

運転手の名前、車体番号、料金が記入された紙を渡されます。あとはタクシーの到着を待つのみ!

Grabは若干高めですが、金銭トラブルの心配がないのでとても安心です。

どのターミナルにもGrabのカウンターはありますよ。

 

マニラ到着後、Grabアプリを使って自分のスマホでタクシーを手配するのも楽ですね!

詳しいGrabアプリの使い方はこの記事を御覧ください!

 

エアポートループバス

 

 

料金は20ペソと大変良心的な値段です。

 

 

乗り場はイエロータクシーの乗り場のさらに奥に行ったところにあります。

 

 

行き先はバクララン、EDSA(エドサ)駅, Taft Avenue(タフトアベニュー)駅、マニラ空港を循環しています。

 

バスの質は普通レベルですがとにかく料金が安く、ぼられる心配がないので安心です。

ループバスは空港近くの電車の駅で停車するので目的地までは電車に乗り換えるか、バス停でタクシーを拾うかになります。

 

PREMIUM AIRPORT BUS SERVICE

 

少しゴージャスなバスで市内の主要な場所へ移動したい方にはThe Ultimate Bus Experience / UBE Expressの利用をお勧めします。

料金は少し高めですが、エアポートループバスと同様にボッタクリの危険がないので安心・快適です。

 

チケットカウンター

料金

300ペソ

営業時間

ターミナル1:8AM – 10PM

ターミナル2:8AM – 10PM-Naia Terminal 2: From 08:00 am to 10:00 pm.

ターミナル3: 24時間営業

 

バスルート

UBE Expressのバスルートは4つあります。

1. Entertainment City Route

2. Robinsons Route

3. Makati Route

4. Grand Prix Route

 

UBE Expressホームページ

http://www.ubeexpress.com

 

ジプニー

 

ジプニーは空港内で乗車することはできないので一旦空港を出て乗り場まで行かなければなりません。

荷物の多い旅行者や初めてマニラに到着した方にはあまり向かない方法なので今回は省略します。しかし、慣れていればこれが一番安くぼられる心配がない方法かもしれませんね. . . しかし、スリに遭う可能性は大!

 

結局、オススメの移動方法はどれ?

 

1.「Grabでタクシーを配車する」

 

料金はイエロータクシーを利用するくらいの料金、かつ定額なので例え渋滞に遭ったとしても料金は変動しません。

ボッタクリの心配もないので 一押しの移動方法です。

 

2. 「バス→電車乗換え OR タクシーを拾う」

 

  icon-chevron-right 快適に目的地に向かいたい方はPREMIUM AIRPORT BUS SERVICE

  icon-chevron-right 交通費を抑えたい方はエアポートループバスを利用しましょう。

 

どちらのバスを利用してもバス停に到着後、最終目的地までは電車に乗り換えるか、タクシーをピックアップしなければいけません。バス停でのタクシーのピックアップは空港でタクシーに乗車するよりボッタクリのリスクはかなり低いはずです。

 

3. 「イエロータクシーを使う」

 

時間がない方や早く目的地に到着したい方はイエロータクシーが便利です。値段はレギュラータクシーより少し高いだけで長蛇の列で待たなくても済みます。また空港専用のタクシーなのでボッタクリのリスクはほんの少し低いのではないでしょうか。(リスクはあります!)

【注意】利用の際は必ずきちんとメーターを使っているか、メーターが改造されてないか要確認!

 

おわりに

 

今回はできるだけリーズナブルでボッタクリ被害のリスクの低い移動手段をピックアップしてみました!

それぞれの旅行や目的に応じた様々なスタイルの移動手段があるので、これが絶対というものはありません。もしかしたら空港からジプニーの移動がベストな方もいると思います。お勧めの移動方法はあくまで参考にしていただき、自分にとって最適な移動手段を探してみてくださいね。

 

しかし、あえて強調するならば空港で積極的に営業してくるタクシー業者は100%ボッタクリますので耳を貸さないように注意しましょう!

皆さんのマニラの滞在が素晴らしい体験になるように願っています!

 


リブラが選ばれる理由

紹介手数料等
留学サポート無料

充実のカウンセリング
で安心サポート

一人一人のプランに合った
学校のみを紹介

「学校が多過ぎて迷ってしまう」「どの学校も似たり寄ったりで決め手がない」「フィリピンについて事前にもっと知りたい」
リブラにお任せ下さい!留学経験豊富なカウンセラーがあなたのプランを全力でサポートいたします。
まずはお気軽にご相談下さい!

「学校が多すぎてどこがいいんだろう?」
「どの学校も似たり寄ったりで決め手がない」
「フィリピンについて事前にもっと知りたい」
それならリブラにお任せ下さい!
留学経験豊富なカウンセラーがあなたのプランを
全力でサポートいたします。
まずはお気軽にご相談下さい!

ご相談・お申込みはこちらから

お問い合わせ

無料お見積もり

お申し込み

無料説明会